フランク・ロイド・ライト
 
c0075259_17264983.jpg



       ORGANIC ARCHITECTURE CONTINUES
               有機的な建築は永続する



 フランク・ロイド・ライトは20世紀を代表する建築家である。彼は生涯を通じて建築を設計した数は実に750件以上。
たくさんの建築をこなした彼はつねに有機的建築を追及した。
彼は20世紀の背景でもある現代建築と有機的建築とを混同してはならないと信じていた。
インターナショナル・スタイル)の不毛な二次元的な考えは人間の生命から遊離した「生活のための機械」を生んだだけだと主張。

彼が追求した有機的建築とはつねに自然であった。

もっとも自然を愛した建築家でもある。
すべてのアイディアは自然にあると信じた彼は自然界の動きの変化をつねに感心をもって記録していた。
すべての自然を通してみられる異なった種や形態は大自然の法則に従い発達を繰り返す。
この大自然の中に育まれるすべてのものとともに、その大きな力の中で生きてゆく為に自然界の種はこのような姿となって現れる。
「形はそのものの行き方により生まれてくるもの」である。
フランク・ロイド・ライトの有機的建築は血と肉であった。
ライトは大自然と深い交流をもっていたため、自然を建築に移しかえることができた。
大自然の生み出す形、雪片の造形、山、水晶、野原、海、流れる小川、海の上にそそり立つ岩壁の凹みや線、この内なるひびき、内なるリズムに彼は耳を傾け、その内なる性格、いかなる形をも模倣することなく紙の上にうつし、決して尽きることのない変化を建築にもたらしたのである。
[PR]
# by design_tank | 2006-04-14 17:29 | Design
RE:明式チェアー
 明式家具といえば中国に伝わるす家具様式の事で、明代(1368年~1644年)、清代(1644年~1911年)の彫物細工の少ないシンプルな家具である。
1900年代中国では古い家具はことごとく批難された。古いものは封建的だとする風潮が蔓延し、さらに室内を飾ることはブルジョア的だとされ、生死さえ覚束ないこの時期、家具鑑賞どころではなかった。

現代に入り質素なデザインの明式家具は見直され多くのデザイナーが研究し、リ・デザインした。
なかでもハンス・ウェグナーのチャイニーズ・チェアーは最も有名である。

今回独自なりに明式家具をリ・デザインした。コンセプトはシンプル。
明式家具の滑らかな曲線は出来るだけ排除し、背もたれは力強く分厚くした。
形態的にはマッキントッシュのハイバック・チェアーを適用し肘掛には現代の素材アルミを用いた。
明式家具独特の優美さが消え力強い印象になってしまったのが今回の反省。



c0075259_8101895.jpg

c0075259_810297.jpg

c0075259_8103980.jpg


使用場所はホテルのロビー
[PR]
# by design_tank | 2006-03-10 08:18
CHAIR NO 27
涼しげな感じで直線のこの椅子は無駄のないシンプルなフォルムがコンセプト。プラスチック素材とアルミ素材を融合させ、直線と丸みを調和させる。そのカタチにおもしろみを出すためアート的な要素を含める。背面の上部は直線であるが、下部はジグザグになっている。
ちょっとした足掛けにすることもできる。現代の素材を用いて出来たこの椅子はとてもモダンな雰囲気を漂わせている。用途はオフィス用、またはワーク用に設定した。
また背面、座面を成型合板にする予定ではある。

c0075259_13343422.jpg


c0075259_13344686.jpg


c0075259_13345849.jpg

[PR]
# by design_tank | 2006-02-28 13:36
模型 スケール1/5
胡坐をかくという日本人のライフスタイルをもとに製作した。日本の古来から伝わる胡坐に西洋文化の椅子を投合することにより生まれる。
またこれに似た形として座椅子などが挙げられるが、大きく違う点は床と座面が密着していないことである。
座布団をひき胡坐をかきながらお茶をススル。などといった個人個人が選ぶライフスタイルに潤いを与えてくれる椅子である。

c0075259_1511693.jpg

                                  正面図
c0075259_1514211.jpg

                                  側面図
[PR]
# by design_tank | 2006-02-03 15:27
PROTOTYPE DINING CHAIR
今回はダイニングに置く椅子というコンセプトに基づいて製作した。一本脚でシンプルな構成、また木目調をふんだんに生かした椅子である。どこか和の雰囲気を漂わせている。

c0075259_21293472.jpg

c0075259_21295194.jpg

[PR]
# by design_tank | 2005-11-12 21:30 | Design
PROTOTYPE FUNCTIONAL STOOL
 今回製作した椅子は主にアウトドアで使用する為にデザインした。手軽で軽い、また簡単に持ち運びができるのがウリである。従来の椅子と大きく違う点は座面がないことである。座面がオマルのように空間があり外枠でお尻を支えてくれる。私も試して座ってみたが思ったよりもフィット感があった。座っていておもしろい。そんな椅子である。

c0075259_449934.jpg

c0075259_4475086.jpg



今回はまだ試作の為に画像が見にくいとおもいます。立体のほうがなくて分かりずらいとはおもいますが、近いうちに模型を制作しようと思います。そのときにまた詳しく載せていきます。ちなみに素材は軽いプラスチックです。どうぞヨロシクー。
[PR]
# by design_tank | 2005-10-28 04:52 | Design
花びらの美しさに魅せられて。
 久々に作品公開です。今回製作した作品は花びらをモチーフにしました。
単体でみると花びらとは感じません。ですが並べることにより花びらを実現できるようにしています。素材もクッション製を使用することで 可愛らしい安心感があるまた子供なども安心して使用できるようにしています。



c0075259_1563689.jpg

c0075259_1565444.jpg


かなりの面積を要求するため、家庭用ではなく公共施設かマンションのロビーに設置できるようにしました。
[PR]
# by design_tank | 2005-10-21 02:15 | Design
お久しぶりです。
 大変ながいこと更新をしていませんでした。現在作品を制作しているので今しばらくお待ちください。これから二週間に一回作品を公開していくので皆さん意見などをドシドシお待ちしております。
[PR]
# by design_tank | 2005-08-20 21:31 | Diary
プロトタイプNo1
デ・ステイルの理念に基づきデザインしました。形はリートフェルトのレッド&ブルーチェアーに似ています。この作品のウリは背面と座面が離れていることです。これからも作品を載せていきますのでお楽しみに。



c0075259_0302795.jpg

c0075259_03094.jpg

[PR]
# by design_tank | 2005-06-19 00:34 | Design
レッド&ブルー・チェアー
リートフェルトはもともと職人として育ってきました。その過程のなかで19世紀末の産業革命、イギリスで起きたウイリアム・モリス等によるアーツ・アンド・クラフツ運動などを見て彼自身このままではいけないと感じていました。積極的に機械を取り入れようとしたのです。以前にも述べた直線と平面と構成のイス( レッド&ブルー・チェアー )デ・ステイルに参加する前にすでに作っていました。すでに彼の中にはデ・ステイルの理論が芽生えていたということになります。そこでようやく ドスブルフ と モンドリアン がデ・ステイルを結成し、そこにリートフェルトが参加するわけです。同時代の同じ理論同士の幸せな出会いだったのでしょう。リートフェルト自身デ・ステイルから直接学んだことといえば、最も基本的な色彩である、三原色だったのではないでしょうか。レッド&ブルー・チェアー のプロトタイプに色をのせ、そこでレッド&ブルー・チェアーという名でこのイスは完成しました。

c0075259_7292227.jpg

            『赤と青の椅子』 デ・ステイルを具現化した椅子。
[PR]
# by design_tank | 2005-06-11 07:38 | Design